利用デバイスを選ばず無料で使い始められるGoogle Driveを使ってみよう!



仕事効率化アプリ



スマートフォンやノートパソコンの内部だけにデータを保存していると、間違えてデータを消去したり、落下したり水没などでデータが取り出せなくなるリスクがあります。

 

その他にも写真や動画の撮りすぎで、あっという間に内蔵ストレージを使い果たしてしまい、その都度データのバックアップをするのも以外と手間がかかってしまいます。

 

そんな手間をかけずにデータのバックアップがとれるGoogle Driveというサービスがあります。そんな便利なツールならさっそく使ってみましょう。

 




Google Driveとは

Google DriveはGoogle社が提供する数多くのサービスのひとつで、15GBのオンラインストレージを無料で利用できるサービスです。

 

利用は簡単でGoogleアカウントがあれば、すぐに利用することができます。

 

すでのGmailやAndroidスマートフォンを利用している人なら、Googleアカウントは取得済みなので、あとはGoogle Driveアプリをダウンロードするか、WEBサイトからアクセスして利用しましょう。

 

Google Driveはマルチデバイス対応となっているので、iPhoneやAndroidスマートフォン用のアプリ、パソコン用のアプリ、WEBブラウザからファイルのダウンロードやアップロードをすることができます。

 

しかもGoogle Driveにアクセスできるすべてのデバイスから、保存したファイルにアクセスできるので、時間と場所に制限がない状況で、データを修正したり、作成したりすることも可能です。

 

他にもスマートフォンやパソコン内部に溜まったデータを、Google Driveに退避し終わったら削除することができます。スマートフォンから削除しても、後から必要になったときにダウンロードすれば利用できるので、空き容量を占有することはありません。

 

これなら容量が少ないスマートフォンを購入したとしても、データがあっという間にいっぱいになって、保存したいものが保存できないという状況にはなりません。

 

オンラインストレージがひとつあるだけで、ファイルの共有やストレージの確保などができるので、一度使うと手放せなくなるでしょう。

 



Google Driveの有料サービス

最初にアカウントを作成すると、無料で利用できる15GBのオンラインストレージが提供されます。なかには15GBあれば、十分事足りていると思う人もいるでしょう。

 

15GBでは足りず、もっとストレージ容量を使いたいと思った人は、月額のプランを利用しましょう。

 

有料プランを契約しよう

Google Driveは最大で30TBまでストレージ容量を増やすことができます。

 

各ストレージ容量と月額使用量は以下の通りです。

  • 100GB / 月額250円(年額2,500円)
  • 200GB / 月額380円(年額3,800円)
  • 2TB / 月額1,300円(年額13,000円)
  • 10TB / 月額13,000円
  • 20TB / 月額26,000円
  • 30TB / 月額39,000円

 

2TBまで利用する人なら年額で支払った方が、ちょっとだけやすく利用することができます。しかもこれだけの容量が使えたら「仕事でも利用できる」と思ってしまうでしょう。

 


ビジネス向けのDrive Enterpriseもある

Googleではビジネス用途向けの「Drive Enterprise」も用意しています。このプランは企業でオンラインストレージを利用する場合、比較的に低コストで導入することができるシステムです。

 

アクティブユーザーあたり月額$8.00、ストレージについては使用量1Gあたり月額$0.04となっています。アクティブユーザーは月に1回でもDrive Enterpriseにログインした場合、カウントされるようになります。

 

もし企業がGoogle Driveと同じような環境を用意して社員に提供したとしたら、それぞれのサーバやネットワークに使用する機器の準備や、運用要員の確保、さらにはメンテナンスなどでコストばかりがかかってしまい、実現するのはほぼ無理といって間違いないでしょう。

 

費用対コストを考えてもDrive Enterpriseの導入を検討するようにしましょう。

 


GOODポイントとBADポイント

個人でもビジネスでも便利に利用できるGoogle Driveには、GOODポイントとBADポイントが存在します。まずはGOODポイントから見ていくことにしましょう。

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

GOODポイント①無料で利用できる

Google Driveを利用するには、無料で作成できるGoogleアカウントが必要です。すぐにGoogleアカウントを作成して、15GBまでは好きに利用できるストレージを手に入れましょう。

 

Googleアカウントがあれば、Google DriveだけではなくGmailやカレンダーなど、いろいろなサービスも利用できるので大きなGOODポイントになります。

 


GOODポイント②マルチデバイス対応

Google Driveは、iPhoneやiPad用のiOS向けアプリや、Android向けアプリだけではなく、WindowsやmacOS向けのアプリも提供されています。

 

またアプリのインストールができない場合でも、ブラウザからアクセスできるので、必要に応じた方法で利用することができるようになっています。

 

さらに各アプリには、便利な機能が備わっています。スマートフォン版アプリなら写真の保存先に設定できるので、後から写真を選んでGoogle Driveへ転送する手間がかかりません。

 

またパソコン版のアプリをインストールすると、指定したフォルダに保存したファイルやデータはすべて、Google Driveに自動で同期されます。

 

このような自動同期機能は、後からファイルを選んでGoogle Driveにコピーするという手間がかからないのがGOODポイントです。

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

GOODポイント③ 直接アクセスも可能

パソコンでの利用に限った話になってしまいますが、Google Driveを利用する場合に専用のアプリをインストールしなくても利用する方法があります。

 

WEBDAVという方法を利用すると、フォルダにアクセスするようにGoogle Driveを使用することができます。WEBDAVを使ってGoogle Driveをもっと便利に使いたい人は、WEBDAV用のアプリを見つけて利用すると良いでしょう。

 


BADポイント①スマートフォンにもデータは残る

あまりBADポイントではありませんが、Google Driveに保存されたファイルやデータは、スマートフォンやパソコン内部にも残ってしまう点です。

 

Google Driveに保存されたデータは、保存と同時に削除されると便利かもしれません。ですがトラブルを防ぐためにも、自動削除はできないようになっています。

 


Google Driveを使ってみよう

Google Driveを利用したいと思っている人の中には、すでにその準備が整っている人もいます。

 

後はGoogle Driveのアプリをインストールするか、WEBサイトからアクセスするかを決めるだけです。パソコン版でもインストール後の難しい設定などはありません。簡単に各デバイスでファイルを共有できるので、上手に使っていきましょう。

 

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ

Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました