利用デバイスを選ばず無料で使えるおススサービス Google Drive!



仕事効率化アプリ



スマホやノートPCの内部だけにデータを保存していると、間違えてデータを消去したり、落下や水没でデータが取り出せなくなるリスクがあります。

写真や動画の撮りすぎであっという間に内蔵ストレージを使い果たしてしまい、その都度データのバックアップをするのも手間がかかりがちです。

今回はこんなリスクや手間を解消してくれるGoogle Driveというサービスをご紹介します。





Google Driveとは

オンラインストレージサービス

Google DriveはGoogle社が提供するサービスのひとつで、15GBのオンラインストレージを無料で利用できるサービスです。

Googleアカウントがあれば、すぐに利用することができます。

すでのGmailやAndroidスマホを利用している人ならGoogleアカウントは取得済みなので、Google DriveアプリをダウンロードするかWEBサイトからアクセスして利用しましょう。

マルチデバイス対応

iPhoneやAndroidスマホ用のアプリ、パソコン用のアプリ、WEBブラウザからファイルのダウンロード・アップロードが可能です。

しかもGoogle Driveにアクセスできるすべてのデバイスから、保存したファイルにアクセスできるので、時間と場所に制限がない状況で、データを修正したり、作成したりすることも可能です。

スマホやパソコン内部に溜まったデータを、Google Driveに退避し終わったら削除することができます。

デバイス側のデータを削除しても、後から必要になったときにダウンロードすれば良くなるので、デバイス側の容量を圧迫しません。

オンラインストレージがひとつあるだけで、ファイルの共有やストレージの確保ができるので、一度使うと手放せなくなる利便性が得られます。



Google Driveの有料サービス

アカウントを作成すると、無料で利用できる15GBのオンラインストレージが提供されます。

より多くのストレージ容量が欲しい場合は月額のプランを検討しましょう。

有料プランを契約しよう

Google Driveは最大30TBまでストレージ容量を増やすことができます。

各ストレージ容量と月額使用量は以下の通りです。

100GB / 月額250円(年額2,500円)
200GB / 月額380円(年額3,800円)
2TB / 月額1,300円(年額13,000円)
10TB / 月額13,000円
20TB / 月額26,000円
30TB / 月額39,000円

2TBまで利用する人なら年額で支払った方が、若干安く利用できます。



ビジネス向けのDrive Enterpriseもある

Googleではビジネス用途向けの「Drive Enterprise」も用意しています。

このプランは企業でオンラインストレージを利用するためのもので、低コストで導入できます。

アクティブユーザーあたり月額$8.00、ストレージについては使用量1Gあたり月額$0.04となっています。

アクティブユーザー数は月に1回でもDrive Enterpriseにログインしたものがカウントされます。

Google Driveクラスの環境を自力で用意しようと思うと、サーバーやネットワーク機器、運用要員の確保、メンテナンスなどでコストがかさみがちです。

費用対効果を考えてもDrive Enterpriseの導入はありですね。



GOODポイントとBADポイント

個人でもビジネスでも便利に利用できるGoogle Driveには、GOODポイントとBADポイントが存在します。

まずはGOODポイントから見ていくことにしましょう。

 

GOODポイント① 無料で利用できる

Google Driveの利用には、Googleアカウント(無料)があればOK。

Googleアカウントがあれば、Google DriveだけではなくGmailやカレンダーなど、いろいろなサービスも利用できるのも大きなGOODポイントになります。



GOODポイント② マルチデバイス対応

Google Driveには、iPhoneやiPad用のiOS向けアプリや、Android向けアプリだけではなく、WindowsやmacOS向けのアプリも提供されています。

アプリには便利な機能が備わっています。

スマホ版なら写真の保存先に設定できるので、後から写真を選んでGoogle Driveへ転送する手間がかかりません。

またアプリのインストールができない場合はブラウザからのアクセスが可能です。

パソコン版アプリをインストールすると、指定したフォルダに保存したファイルやデータはすべてGoogle Driveに自動で同期されます。

このような自動同期機能は非常にありがたいですよね。

後からファイルを選んでGoogle Driveにコピーするという手間がかからないのがGOODポイントです。

GOODポイント③ 直接アクセスも可能

パソコン版限定になってしまいますが、Google Driveを利用する場合に専用のアプリをインストールしなくても利用する方法があります。

WEBDAVという方法を利用すると、フォルダにアクセスするようにGoogle Driveを使用することができます。

WEBDAVでGoogle Driveをもっと便利に使いたい人は検討しましょう。



BADポイント①スマホにもデータは残る

あまりBADポイントではありませんが、Google Driveに保存されたファイルやデータはスマホやパソコン内部にも残ってしまいます。

Google Driveに保存されたデータは、保存と同時に削除された方が便利かもしれません。

しかしトラブルを防ぐ目的を優先し、自動削除はできないようになっています。



Google Driveを使ってみよう

Google Driveを利用したいと思っている人の中には、すでにその準備が整っている人もいます。

後はGoogle Driveのアプリをインストールするか、WEBサイトからアクセスするかを決めるだけです。

パソコン版でもインストール後の難しい設定などはありません。

簡単に各デバイスでファイルを共有できるので、上手に使っていきましょう。

 

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ

Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました